木製ベンチをDIYで製作するときに、木材のカットを自分でするケースもあると思います。
そのときに活躍するツールが「丸のこ」になります。
丸のこは、刃が非常に高速に回転することで簡単に木材のカットをすることができますが、安全に作業をするために使い方も覚えておかないといけません。

 

まず、丸のこを使用した作業で事故の原因となってしまうのは「服装」になります。
暑いからといって首にタオルを巻いて作業したり、軍手を付けて作業すると、回転する歯にタオルや軍手が巻き込まれてしまう可能性があります。

そのため、丸のこで木材をきるときには、「タオルや軍手は取り外して作業」しなければなりません。

 

また、木材をカットしたときののこ屑などが飛び散りますので、保護メガネの着用をしないといけません。
保護メガネは、作業中に目を傷めないように保護するだけでなく、丸のこを使用中に目にゴミなどが入ったことがきっかけとなり、思わぬ事故の原因となってしまう可能性もあるものです。

 

正しい服装や保護メガネの着用で、安全に木製ベンチ作りができるようになります。
丸のこには、キックバック(作業中の反発)などの注意点もありますので、取扱説明書にしっかりと目を通してから作業するようにして下さい。

free space


最近の投稿