日曜大工やDIYというと、ノコギリやトンカチなどを用いて”ギコギコ・トントン”といったイメージをもっている方もいるかも知れません。
しかし、現在では家庭でDIYで木製ベンチなどを製作するときでも、電動工具やコーススレッドという建築用のネジを使用して製作していくことになります。

木材同士を結合させるものに「釘」がありますが、釘は時間の経過とともに浮きあがってきて、抜けてしまうこともあります。
その欠点を補うためにコーススレッドが登場することになるのですが、使い方は通常のネジと同じように締めこんでいくだけです。

コーススレッドと釘を比較して”抜けにくい”という点以外に”外しやすい”というメリットもあります。
うっかり釘を間違えた位置に打ち込んでしまったら、くぎ抜きを使用しても抜きにくいばかりか、木材の表面を傷めてしまう原因にもなってしまいます。

コーススレッドなら、電動ドライバーなどで簡単に抜き取ることもできるし、その時に途中で折れてしまうこともありませんので安心です。

昔の大工は打込む前の釘をなめていたと思います。
あえて釘にサビを発生させることで、抜けにくくするといったテクニックなども必要でしたが、コーススレッドならサビに頼ることなく力強い締結力を発生させることができます。

 

free space


最近の投稿