木製ベンチの座面の板が取り付けられたら、一気に完成が近くなった気分になると思います。
しかし、最後の背面板の取り付けは、慎重な作業が求められる工程でもありますので、注意しないといけません。
背面の板を取り付ける難しさは、板を固定した状態でコーススレッドをねじ込む必要があることです。

もし誰かに手伝ってもらうことができるなら、2人がかりで作業をした方が楽に取り付けができます。
一人が取り付ける板を支え、もう一人がコーススレッドを打込むという役割りになります。

 

もし一人で作業をしなければならないのでしたら、「木製ベンチを横に倒し、真上からコーススレッドを打込むようにする」と上手く位置が決められると思います。

この背面板を取り付ける作業においても、これまでの工程と同じように罫書き線を入れ、下穴を開けてからコーススレッドを使用するようにして下さい。

また、背面の板を取り付ける順番は後脚の板が反れていることも予想されるため、“上から順に”固定していくときれいに収めることができます。
下から順に取り付けていくと最後の板を取り付けるときに”すき間”があいてしまう可能性があります。
少しでも仕上がり良くするためのコツは”上から”取り付けることと言えます。

free space


最近の投稿