木製ベンチを製造する工程で、前脚と後脚が取り付けられていると思います。
次の工程は、座面の板を貼り付けていく工程になります。
この工程は、今までの作業と比較すると難しいことはないのですが、「1枚1枚の板の間隔を何mmにするか?」「等間隔にするためのコツは?」などについて紹介してみます。

 

まずは、座面が取り付けられたときのイメージを明確にするために、座面になる板を土台の上に置いてみましょう。
このように、仮に合わせて置いてみると、取り付け後のイメージがわきますし、ラストスパートのやる気もアップするのではないでしょうか?

 

後は、図面に従って罫書き線を入れてコーススレッドでも良いのですが、最初に手前側と奥側の2枚の板を貼り付け、そして現物合わせで中央の2枚を貼り付ける、という方法でも良いと思います。

その場合、横方向のずれがないことを確認したら、一気に中央の2枚の板に罫書き線を入れることができます。
少し分かりにくいかもしれませんが、奥と手前の板に罫書かれている線に差し金などを合わせ、中央の板に線を引くようなイメージになります。

 

罫書きの作業が完了したら、これまでの工程と同じように下穴を開け、コーススレッドを打ち込んでいく作業になります。

free space


最近の投稿