DIYで木製ベンチを作るときに、必ず必要になる作業に「コーススレッドの打ち込み」があります。
コーススレッドは、建築用に開発された木ネジのことですが、木材同士を非常に強力に固定することができるものになります。

 

コーススレッドの打ち込みをドライバーなどの手作業で行おうとする人もいるかもしれませんが、非常に強い力で回さないといけませんので、電動ドライバーなどを用意する方が良いと思います。

電動ドライバーのビットには、コーススレッドのサイズに合わせたプラスドライバーのものを選ぶ必要があり、大きすぎず小さすぎないものを使用することで、ネジ山を傷めずに打ち込むことができます。

 

また、電動ドライバーではなくインパクトレンチを使用するときには、強力な力によってねじ込み過ぎてしまう危険性がありますので、十分注意して作業するようにして下さい。
もし、端材などが残っているようでしたら、数回練習でコーススレッドを使用してみて、力加減を確認しておくと安心だと思います。

実際にコーススレッドを使っていくと分かりますが、一本一本の木材が結合していき、一つのパーツになっていく作業はとても楽しいものです。
けがなどに注意して、楽しみながら作業をするようにして下さい。

free space


最近の投稿