木製ベンチを組み立てるときに使用するコーススレッドは、本来下穴を開けることなく使用することができるものになります。
下穴を開けることの目的は、木材の割れを予防したり、まっすぐネジを締めこむことを目的としています。

 

住宅の建築現場などでは、下穴を開けることなくコーススレッドを打ち込んでいますが、完成後、目に見えない部分になるなら問題はないと思います。
しかし、DIYで木製ベンチを作るときには、木材が割れてしまったりしたら、比較的目立ってしまいますし、その部分からの腐食も進んでしまうことが予想されます。

また、ドリルで下穴を開けるときに、できるだけ垂直に下穴を開けておくと、その穴がガイドとなりコーススレッドもまっすぐとねじ込むことができるようになります。

 

さらに2×4材などを使用するケースでは、結合させる木材と木材の間に隙間があいてしまう可能性があります。
木材同士の間に隙間があいてしまうと、その分だけサイズに誤差が発生することになり、他の部分のひずみの原因にもなってしまう可能性があります。

多少面倒に感じてしまうかもしれませんが、木製ベンチの完成度を上げるためにも、コーススレッドの下穴はしっかりと開けるようにしましょう。

free space


最近の投稿