初めてDIYで木工作品を作るのが「木製ベンチ」という方もいると思いますが、罫書きの仕方について考えてしまうケースもあると思います。
確かに、プロの大工さんが作品を作るときの精度は非常に高いものになっていますが、屋外に設置する木製ベンチのケースでは、それほど神経質に考えることはないと思います。

 

ただし、完成したときに見えるコーススレッドの頭の位置がバラバラになっていたり、ネジの先端が木材からはみ出しているようではよくありません。

プロではない私たちが「勘」で作業をすすめてしまうと、そのようなミスもしてしまう可能性がありますので、罫書きの工程は重要であると思います。

木材のカットのときにも罫書きをすると思いますが、プロがするときには「罫書き線の中心をカットするようなイメージ」で切断しています。

 

コーススレッドを打込む位置を決定するための罫書きなら気にならないかもしれませんが、カットするための罫書きのときには「線を残すようにカットするのか?」などが気になると思います。
本来のやり方としては、「罫書き線は正確な位置に書き、線を半分残すような感覚で丸のこを入れる」方法になります。

しかし、コーススレッドを打込む位置を決定するための罫書きでは、神経質にならなくても影響はありませんので、安心して作業をすすめて下さい。

free space


最近の投稿