DIYで木製ベンチを作るときに、最も戸惑ってしまうのは「図面をどうするか?」だと思います。
木製ベンチが完成するまでの工程を簡単にまとめると、「図面通りに罫書く」→「罫書いた線に沿って正確に木材をカット」→「下穴を開けてコーススレッドで組立て」という流れになります。

 

これらの工程の一つ一つの作業は、DIYでの製作が初めてであっても丁寧に作業することで、プロ顔負けの作品も夢ではありません。
しかし、図面を自分で作成するのが困難なときは、インターネットなどを活用して見つけるのがおすすめです。

このホームページの制作例では、ホームセンターで有名な「ニトリ」さんの図面を参考にさせて頂きました。

もちろん、他のサイトにある木製ベンチの図面を利用してもいいですし、設置するスペースに合わせてサイズを変更することもできると思います。

また、自分で図面を書こうという人も、いろいろな木製ベンチの図面を参考にすることで、基本的なベンチの組み立て方を理解することができます。

DIYで製作したベンチは、自宅の庭に設置したり、ベランダ・バルコニーなどに設置することになると思います。
完成をイメージしながら図面を書いたり、変更したりするときの作業は最も楽しめる工程の一つだといえます。

 

free space


最近の投稿