「自宅の庭に木製ベンチを置いてみたい!」そう考えている方も多いと思います。
ベンチを置くことのメリットは、そこに座ることができるだけでなく、ベンチ自体が庭のアクセントにもなり、一つのオブジェクトとして庭を飾るものになるからです。
このときに、庭に置くベンチは、既製品のものではなく「DIYで作りたい!」と考える人もいると思います。
自分で作ったベンチなら愛着もわきますし、メンテナンスなども楽しくすることができます。

自分で木製のベンチを作るためには、いくつかの必要になる工具などがありますが、必ず必要なものとしては、「差し金」「電動ドリル」・「罫書き用の鉛筆」があれば十分です。

木材のカットなどに「のこぎり」や「電動丸のこ」などがあると便利ですが、ホームセンターの木材カットサービスなどを利用してしまうのも良いと思います。
木製ベンチをDIYで製作するときに、1から10まで全ての工程を自分でする楽しみ方もありますが、初めて作るときには”負担なく楽しめるように作る”ことも必要になると思います。

電動ドリルをもっていない方もいると思いますが、ホームセンターなどで販売されている”最も安いもの”で十分ですので用意するようにして下さい。

free space


最近の投稿