» 工具の基礎知識のブログ記事

  DIYで木製ベンチを作るのが初めての経験である人にとっては、電動ドリルを使用するのも初めてかもしれません。 電動ドリルは、回転する先端部分をドライバー・ドリルなど様々なビットと交換することができる優れモノで …続きを読む

木製ベンチをDIYで製作するときに、木材のカットを自分でするケースもあると思います。 そのときに活躍するツールが「丸のこ」になります。 丸のこは、刃が非常に高速に回転することで簡単に木材のカットをすることができますが、安 …続きを読む

  木製ベンチを作るためには、木材を図面と同じサイズにカットして、コーススレッドで結合していく必要があります。 ここで、木材をカットした後には、必ず「バリ」とよばれる切断面の荒れが発生することになります。 バリ …続きを読む

電動ドリルあるいは電動ドライバーを強くおすすめしている理由は、その便利さに尽きると思います。 電動ドリルも電動ドライバーも、どちらも同じものを言いますが、先端のビットを交換することにより、 ・プラス(マイナス)ドライバー …続きを読む

  コーススレッドは、本来、下穴を開けることなく使用することができるネジとして建築用に開発されたものです。 しかし、自宅の庭に設置する木製ベンチなどを作るようなときには、万一にも木材の割れなどを発生させないため …続きを読む

  日曜大工やDIYというと、ノコギリやトンカチなどを用いて”ギコギコ・トントン”といったイメージをもっている方もいるかも知れません。 しかし、現在では家庭でDIYで木製ベンチなどを製作するときでも、電動工具や …続きを読む

  木材に直角に線を引いたり、長さを計測したりすることもできる「差し金」には、「角度を付けた線を引くことができる」と前回説明しました。 では、具体的にどのようにしたら角度を付けた直線を引くことができるのか?を簡 …続きを読む

DIYで木製ベンチを作るときに最も難しいと感じることは「図面通りに正確に木材をカットすること」になります。 木材を正確に切断することができれば、“80%程度は成功したようなもの”と言われるのもこの …続きを読む

木製のベンチを製作するためには、木材を必要な大きさに切断する必要があります。 木材のカットは、ホームセンターなどで1カット30~50円くらいで行ってくれるところもありますが、のこぎりや丸のこなどを用意して、自分できること …続きを読む

free space


最近の投稿